Translate

2015/03/15

樹海の歌


生きる事に疲れた私は樹海に行った


街道がぎりぎり見えない位置まで森に入り込み
樹の幹に青いビニールロープを巻き付けた

ロープをするすると伸ばしながら森の奥にはいる

もしも、このロープが途中で切れれば
何処を見渡しても樹しか見えない森ではあっという間に迷子になるだろう

奥に奥にと進むうちに辺りはすっかり暗くなり
不気味に虫や鳥が鳴き叫ぶ

その鳴き声は「腹が減ってるんだ!さっさと死ね」と言ってる様に聞こえる

樹には藁人形が釘打ちされ
枝には首吊りロープが掛かってる

いよいよ冥福の入り口が見えてきたと感じた



そしてとうとう手持ちのロープが終わりを告げた



厚紙素材で出来た芯が足元にころがり
終わりを告げたビニールロープがビヨーンと
延ばしたゴムが元に戻る様に森の奥に消えていった



それでロープを見失った訳ではないが後戻りをするか私は考えた



生きて何になるのだろうか?

辛い苦しみを感じながら人々に迷惑をかけて
生への執着のロープが森を汚した



自分が生きる事で誰かを傷つけ苦しめる

自分が死ぬ事が生きてる人達への何よりの貢献だと感じた



私は命の青いロープが消えて行った暗闇と正反対の暗闇を突き進んだ



一歩、一歩と進むうちに死に近づき生から遠ざかる



もう、どれほど死に向かい歩いただろうか?

自分が何処から来て何処に向かってるのかすら判らなくなって歩くのを辞めた



もう歩く事に意味など無いからだ



自分が生まれて来た事にすら意味は無く
生きてきた事にすら意味は無く
意味無く私は死んでいく



無意味なものが無に帰るだけだ。



喉の渇きが酷くなるにつれて神への怒りが込み上げて来た



苦しみから逃れる為に死に向かって歩いた先で、また苦しむ
この苦しみから逃れる為には水を飲んで生きねば為らない



生きようとしても苦しく死のうとしても苦しい



永遠に逃れられない苦しみを感じる生命という体質に怒りを感じ
もっと大きな世の中の全てを創ってる、いい表す事すら出来ない全てに怒りを感じた



私は大声で叫んだ
涙を流しなら叫び散らした



そして立ち上がり歩いた



べつに今、自分が感じてる苦しみを晴らそうとか
自分の苦しんで生きてきた事を無意味なもののまま終わらせたくないとかって理由じゃない



もしも此処から生きてだられた先の事は何も考えてない



狂った様に私は森を歩いた



進んでるのか戻ってるのかも判らない



ただ我武者羅に歩いて歩いて
真っ暗な森に朝日が差し込んで、それが無性に美しかった



高い樹海の樹の葉っぱで拡散され
無数に闇に振りそそぐ光の柱の中に糸を見つけた



その糸が、この森にどれだけ存在していたのかは判らない

ボロボロのビニールは色をすっかりと無くし
太陽の光に照らされ金色に輝いていた



誰かが死ぬ為に張った糸なのか
生への未練から張った糸なのか判らない



ただ私は誰のものとも判らない苦しみの糸を握り締め
その糸をひたすら辿って進んだ



この糸を残した者が生きているのか死んでるのかすら私には判らない

ただ、確かなのは
その人のお陰で私は今、生きている。



━━━━━━━ next LIVE ━━━━━━

2015/4/30(木曜) CCレもん生誕祭

会場:新宿Motion

■開場/開演:18:00/18:30 (予定)
■席種:スタンディング
■チケット: 未発売
■前売/当日:¥未定¥未定 [D別 ¥500]
■メール予約 black-class@sunny.ocn.ne.jp (お名前、公演日、枚数を記載して送信してください)

会場URL : http://motion-web.jp/

※公開情報は予定のもので開催時間等、変更する場合が御座います
コメントを投稿